・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
草祭 2009/06/13

 

著者:恒川光太郎


なんでか知らないけどすごくすごく読みたくて、
この本に運命を感じていた私(笑
勝手に運命感じても読んでみるとフラれちゃうことのほうが多いんですが、
これは久々に通じたみたいです(笑


雰囲気がすごく好きです
幻想的な中にある寂しさがたまりません
一文字も見逃したくなくてゆっくり読みました。

「美奥」という土地を舞台にした連作短編集なんですが、
物語の順番まで素晴らしいです


でも100%満足とはいかず・・・
真ん中に収録されている「くさのゆめがたり」
これが結構重要な話なのに、まとまってない感じでした。
内容的には好きなんですが・・・。

「天化の宿」はオチが好きじゃないです。
異世界に取り込まれてしまう人ばかりではおもしろくないかもしれませんが、
自分の世界に戻る理由が中途半端で納得できませんでした。

最後に収録されている「朝の朧町」は、
現実での話が色濃く出すぎてこの作品に合っていないと思いました。
どの短編も現実に何か孤独を抱えた人の話ですが、
これだけは現実の話が強すぎます。
やっぱり男女関係はどうしても濃くなってしまうんでしょうかね


でもこの3編も不満はあるけど基本的には好きです。

この著書も読んでみたいです


収録
けものはら
屋根猩猩
くさのゆめがたり
天化の宿
朝の朧町
スポンサーサイト
小生物語 | HOME | 盗神伝 Ⅳ・Ⅴ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/356-aaaedd8a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。