・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
盗神伝 Ⅳ・Ⅴ 2009/06/14

  

著者:メーガン・ウェイレン・ターナー


前篇ではジェンが馬鹿にされまくっているので、
嫌な気分で読みました。
おもしろくなってくるのは最後のほう。

後篇はほぼノンストップで読みました。
おもしろかった・・・んですが、混乱しまくりでした

読んでない人にはネタバレになるので伏せ字にします。


私は前作の第2部でアトリアの女王と結婚したと思っていたのですが、
あとがきでは結婚してないというようなことが書かれています。
本編でもジェンは王になりたがってないとか・・・。
ジェンのほうから愛してるって言ったんじゃ・・・。

でも結婚したという証拠にアトリアの女王はジェンを「夫」と呼んでるし、
ジェンだってアトリアの女王を「妻」と呼んでます。
それなのになんで結婚してないなんていうのか?

そもそもジェンが「王」なのは結婚したからでしょ???
結婚しなきゃアトリアの王になれないじゃん

そしてあとがきではこの第3部で結婚したと書かれています。
結婚するシーンなんかなかったと思うんですけど。



意味がわかりません
これで最後なのかと思いあとがきを途中で読んだのが悪かったのかな?
それとも単に前作で勘違いしてたのかな・・・。


おもしろかったけど、ずっと意味がわからなくて
気になったまま読んでしまったのでいまいち入り込めず。

なので厳しめの評価で。
スポンサーサイト
草祭 | HOME | F 落第生
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/357-9eb771c9














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。