・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
空色勾玉 2009/07/01

 

著者:荻原規子


図書館にリクエストして入荷してもらいました。

評判がいいのを知っていたので、かなり期待してたんですが、
あまりおもしろくなかったです


期待しすぎたというのもあるかもしれませんが、
単に好みじゃなかったというのが一番かなぁ~。

しょっぱなから全然興味を持てず、
そのまま最後を迎えてしまいました。


先日読んだナルニアのライオンと魔女は、
おもしろくはなかったけど人気があるのはわかる気がしました。
だけどこれは正直、これだけ人気のある理由がわかりませんでした。


狭也は些細なことで機嫌を損ねてしまう、
名前のとおり少し心の狭いところのある女の子なのですが、
孤児の女の子を助けたりやさしい部分も多々あって、
人柄が掴めず、感情移入もしにくいです。

主人公なのに、何も成長していないような・・・。


稚羽矢の成長だけ、少し良かったかな
稚羽矢が主人公だったら良かったなぁ。



続編は読みたいと思わないけど、
自分で三部作すべてリクエストして入荷してもらったので、
しばらくしたら読もうと思います
スポンサーサイト
笑う大天使 | HOME | 海辺のカフカ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/368-09708dd3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。