・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ハリー・ポッターと賢者の石 2009/07/07

 

著者:J.K.ローリング


私、このシリーズが大好きなので、
全部出てからあまり間隔を置かずに読みたいな、
映画もまとめて観たいな、と思って、4巻までしか読んでないのです(笑

なのになんとなく、再読が今頃になってしまいました
このシリーズも読むの数年ぶりなので、
私の好みも変わっているだろうし、
楽しめるかどうかちょっぴりドキドキしてたんですが、
そんなことはぜーんぜん

物事の捉え方などは違っても、やっぱりめちゃ楽しかったです

なんでこんな物・事思いつくんだろうと感心しどおし
キャラクラーも、悪役も含め魅力があって。
私は好きなキャラの敵のことは、一緒になって嫌なやつ不幸になれ
と思ってしまうタイプなのですが(笑)この作品はそうじゃないんですよねぇ。
マルフォイもその手下も決して憎めません。
ついでに言うとダズリー一家も。
「いきすぎ」なのが逆に笑えてしまえる。


最後、寮の得点でグリフィンドールの「あと一息」に重要なのが
主人公のハリーじゃなくネビルだってのも好き
ネビルも好きなので感動する(笑


前に読んだときはクィディッチがあまりおもしろくないと思ったんですが、
今回は特に思いませんでした。
他の巻で思ったのかも?
けどチェスのルールがわからないので、そこが少しだけ気になった
ロンがかっこいいシーンなのに


次も近々読む予定です
最後の7巻まで同じように楽しめるものだといいんですけどね
スポンサーサイト
海辺のカフカ | HOME | ぼくらはみんな生きている
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/373-0c43abd7














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。