・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
出口のない海 2009/07/14

 +

著者:横山秀夫


野球は嫌いだし、戦時中の話もあまり好きじゃない私。
戦時中の話でも野球の話でも、嵌るものは嵌るんですが、
とりあえず期待はしてませんでした。

そして読んだ感想、すごく微妙な感じです。


すごくスラスラ読めます。
なのに、物語に入り込むまでにすごぉ~く時間がかかりました


「回天」という人間兵器に乗り込むことになった男の話なんですが・・・
確かに悲惨です。
胸が詰まって読むのが苦しかった。
でも、「死ぬことが決められた」男の話なので、当然といえば当然。
新人ならともかく、横山さんだし。

でも、それだけかなぁ~とも、思います。
切ないシーンで胸にグググ~ッと来る、だけ。


最後に感動させられて、ごまかされたような気がしないでもないのです。
読後感は良いのですが、全体のストーリーを見ておもしろいかと言えば
否のような・・・・・・

スラスラ読めるため一気読みしたので、
余計切なさにごまかされたような。


読後感は良いにも関わらず、なんとなく物足りなさを感じました。

自分で読んで感じたことなのに、よくわからない
スポンサーサイト
上海少年 | HOME | 食堂かたつむり
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/376-7496bc8f














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。