・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ウツボカズラの夢 2009/07/19

 +

著者:乃南アサ


乃南さんは好きだけど、嫌いな作品も多いのです
好き、と嫌い、とキッパリ分かれる
ミステリーは今まで読んだ作品ではハズレがないと思う。
でも5年目の魔女とか暗鬼とか、ミステリじゃないのは大嫌い

で、これは大嫌いなほう


最初っから、感情移入できる人がいません。
主人公の未芙由は可哀想な境遇で真面目で、
感情移入してしまいそうなタイプなのに、
なーんか嫌な感じが漂う

尚子おばさんも、明るくて優しくて、いい人なのに
どうしても好きになれない。
未芙由視点で描かれているせいかな。


そんでもって、ストーリー展開が安直すぎです。
不快感を表現するためにわざとわざとらしくしてるのかな、
とも思うけれど・・・安っぽい。


未芙由のことも、最初からなんとなく嫌なやつだと思っていたので、
どんな展開になっても、驚きはありませんでした。

尚子おばさんもね。

読みやすいけど、小説として、おもしろくなかったです。


不快感だけはあるのですが、
嫌なやつ~というより、気持ち悪いやつ・・・
って気持ちでいっぱいなので、本当にただ不快なだけでした。


この小説にはなんの意味もないと思います。
気持ち悪い人たちが出てくるだけの話です。

こういう作風があることも知っていたので、
どうせどんでん返しとかはないんだろうなぁと思いながら読んでいました。
想像通りとはいえ、何もないオチには不満足です。


私、乃南ファンだったのに一時期全く読まなくなったことがあるんですが、
適当に選んだ本が立て続けにこういうタイプの作品だったからです。
(それらはもっと嫌だったけど)
乃南さんの作品は、選ぶときは気をつけないと・・・。


ところで、これ栞(紐の)が2本ついてるんです。
2本使うような何か仕掛けでもあるのかとちょっと期待してしまいました。
でも何もなかったです。
予備ですかね何の意味があるのか、気になります(笑
スポンサーサイト
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 | HOME | 浪花少年探偵団
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/388-6d548d82














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。