・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 2009/07/19

 

著者:J.K.ローリング


再読。

入りがちょっと・・・と思ったけど、やっぱりおもしろい
今までの二作に比べて少し重苦しい感じですね。


今回の新しい先生はルーピン先生。
このルーピン先生、めっちゃ好きです
ハリーにとって、すごく良い理解者であり支えになると思うのに~
ハリーのお父さんの友達だった人だし、
今後も出てくれないかなぁ・・・。

あ、もう一人新しい先生が出てくるけど・・・
なんか・・・普通(笑
気に入らないタイプの人だけど、ロックハート先生みたいにおもしろくはないし。
すごく憎らしいってわけじゃないけど、嫌いって程でもないし。
まぁ、どうでもいい感じです

クィディッチも一番楽しかった
はっきり言って試合そのものより、マクゴナガル先生と
ジョーダンの実況ががおもしろかったです(笑


重要な部分は覚えていたので今回驚きはありませんでしたが、
ちゃんとどんでん返しもあります
初めて読んだときはだいぶ驚いたような記憶があります。
けど、驚きがなくてもおもしろかったです。


そして、切なかったぁ~
ルーピン先生もそうだし、もう一人も。
やっと家族ができると思ったのに離れてしまって・・・
ちょっとウルッとしてしまいました。
でも、この人はまだ出てきそうですよね

今後の展開に期待します
スポンサーサイト
ハリー・ポッターと秘密の部屋 | HOME | ウツボカズラの夢
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/389-22866c4a














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。