・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
優しくって少しばか 2007/12/29

 


久々に再読
中学生の頃だからもう5,6年前かな
印象が結構違うような気がする。


優しくって少しばか
これだけ他の作品と趣向が違います。
前はこれ、ただ読みにくいだけでおもしろくないって思ったんだけど、
今読むとこういう幸せっていいなぁ~って思いました
こういう関係いいなぁ
ただ読みにくいって感想は同じです。
かなり独特・・・なんでこんな風にしたんでしょうか。。。
なんらかの効果を与えてるんでしょうけどね
男の頭の中がグダグダな人だから、文体もグダグダにしたのかなぁ


西洋風林檎ワイン煮
若干ホラー風味ですね・・・
異臭の正体は、本当にリンゴ
それとも・・・・・・。
結局明かされないまま終わるのが恐怖を煽ります
でも好きです
男はかなりのダメ男ですね


雑司ケ谷へ
つまらなかった
それで何っていうのが本音・・・
自業自得なので、同じ女性でも同情できません
男のほうに同情するかと言えば、もちろんそうではないけど。
しかも長いのでうんざりした。


海へ行こう、と男は
これも感想書くとネタバレになりそう・・・
男が気持ちわる~い
ガムのくだりとかよくわかんないです。何の意味が
多分心中ですかね


ポール・ニザンを残して
これは2番目に好き
これもミステリー調な感じ。西洋風~と違い不気味さはあまりないです。
ほとんど男と女の会話で進みます。
流れがすごくいいと思います


テーブルの上の過去
2回読み直したけど、よくわからない
食事のシーンが生々しくてちょっと気持ち悪かった
過去を変えるってどういうこと
わかる人教えてください


以前は表題作以外のよくわからない作品の感じがすごく気に入ってたんだけど、
久々に読んでみると一番は表題作でした。
他は逆によくわからなくてなんかなぁ・・・ってのが多かった
中学の頃からだいぶ本の好みは変わってますしね。
スポンサーサイト
動機 | HOME | インストール
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/40-bb42d0ec














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。