・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ブラディ・ローズ 2009/08/15

 

著者:今邑彩


あんまり有名ではないと思うんですが、
ずっと前から読みたかった作家さんです。
【いまむらあや】って読むみたい。


これは正直かなりチープな作品でした。
ありふれた設定だし。
国名やレースなども漢字表記で、素人臭い感じがします。
(調べてみたら、これは初期の作品らしい)
もちろん展開もチープですが・・・。


心理描写が下手で、強引です。
別に孤島に閉じ込められてるってわけじゃないんだから、
殺されると思うならさっさと警察に届ければいいのに。
警察に届けられるのにそういう考えも出てこないってのは不自然すぎ。
せめて孤島の警察を呼べない状況下にすれば良かったのに。


鬼とか言い出したあたりでうんざりしてきました。
その後お嫁さんが狂っていく様も下手だ・・・。


けど構成はわりとまとまっていたと思います。
筆力がないだけなのかもしれない。
オチは個人的に好きじゃないけど、へぇ~とは思える。

エピローグはチープさに拍車をかけただけで蛇足だと思いましたが。
スポンサーサイト
黒百合 | HOME | アンダーカバー
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/404-53b701f6














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。