・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
親不孝長屋 2009/08/24




大御所勢ぞろいのアンソロジーです

やっぱり時代小説は難しいな、と思いました。
内容がではなくて、文章に読みにくさを感じてしまうんです
宮部さんは大御所の中でも群を抜いて読みやすく、
ストーリーも素晴らしかったです。
でも、これ読んだことありました。


おっ母、すまねえ/池波正太郎 

再婚したとたん、荒れ出す血の繋がらない息子。
つまりマザコンで、再婚相手に嫉妬して荒れまくる。
・・・そのまま終わった。

なんで、こんなにそのまま終わっちゃったんだろう
母親が息子の殺人を企てる意味もなかったように思うんだけど、
もしかすると、そんな母親だと知らず、
マザコンのままでいたっていう話なのかな
息子が嫉妬してると気づかないのも不自然なんだけどな・・・。

よくわかりません・・・。
解説に意外な展開とあるけど、どこが



邪魔っけ/平岩弓枝 +

親不孝じゃなくて姉不幸ですね。
下の兄弟のため母親代わりになって懸命に働くが、
妹や弟には馬鹿にされる・・・。

妹や弟の性格の悪さには腹が立ってもう

かわいそうだったので、この結末には安心しました。
本人からしたら複雑な心境でしょうけど。
そして納得
早めに見放しておかないと、子は成長しない。
私のことかと思いました(笑



左の腕/松本清張 

これは親不孝じゃないですね別に。
昔の自分を隠し、今は娘と二人で真面目に生きる男。
悪徳目明かし(岡っぴきみたいなものかな?)に
過去(刺青)=弱みを握られてしまう。

ある事件がきっかけで、立場は逆転。
弱みは隠さなければ弱みにはならないと気づく主人公。
良かったんだけど、娘の存在が弱すぎる気がした。



釣忍/山本周五郎 

実は大店の息子だった夫。
夫の兄が来て、夫に実家に戻って欲しいと言う。

ラブストーリー良かったです
でもラストがなんだかなぁ。

安定よりも大切な妻との暮らしのほうがいいのか、
単に自分が悪く言われることが嫌で戻りたかったのか・・・
そして妻の話も本当なのか気遣いだったのかわからぬまま。



神無月/宮部みゆき  

幻色江戸ごよみにも収録されていた作品。
神様が留守にする神無月に、娘のために強盗を働く男。
この強盗を止めてやりたいと思う岡っ引き。

以前読んだときにはあまり評価していなかった自分に驚き
こんなにいいのに・・・。
構成もさすが。
ラストの余韻の残し方なんて鳥肌もんです。

この作中に出てくる納豆汁が食べたくなり、
今夜の夕飯に早速作ってしまいました


入れすぎ(笑
ネギと納豆だけじゃ物足りない気がしたので、
油揚げも入れてみました。納豆苦手だけど美味しかったです
スポンサーサイト
夏期休暇 | HOME | ジョーカー・ゲーム
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/408-997d8e24














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。