・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
世話焼き長屋 2009/09/10




親不孝長屋と同じシリーズです。


お千代/池波正太郎 
女房より猫(お千代)を大事にする松五郎。
松五郎に不満を抱く女房が姦通し、島流しになる。

途中までは良かったけどオチの意味がわかんない・・・
結局のところお千代が化け猫だったのかもわかんない・・・。
どうして松五郎が女房を受け入れたのかもわかんない・・・。

解説では、松五郎が自分の欠点に気づいて・・・とあるけど、
どこでそんなふうに読み取れるんだか


浮かれ節/宇江佐真理 
娘が奉公に上がるための支度金が用意できない御家人のもとに、
都々逸という歌?勝負の話が持ち込まれる。

これ、良かったんだけど勝負内容が興味なくて残念でした。
歌じゃないテーマだったら良かったかも。
娘がいい子

余談ですが三土路(みどろ)を毎回三十路(みそじ)と
読んでしまいちょっとイライラした(笑


小田原鰹/乙川優三郎 +
ダメ夫から逃げたいと思うおつね。
父親に愛想を尽かし家出した息子と再会したのをきっかけに家を出る。

すごく良かった今度この人の本読んでみよう。
主人公はおつねかと思いきや、駄目亭主のほうでした。

ほんと駄目亭主で、ざまあみろな感じに転落していくんですが、
転落して初めて自分の愚かさに気づくんですね。
でもそのときには時既に遅し、誰も相手にしてくれない。
そこからの話が感動的
これぞ人情
家出した息子もだし、妻も人が良すぎるけどね。
おつねには幸せになってほしい。


証/北原亞以子 
妻と別れ絵師をやめた市兵衛は労咳を病んだ娘と出会い、
娘の絵を描くため再び筆を取る。

良かったんだけど、市兵衛が娘を想う親のような気持ちというより
なんか恋愛のほうが近い気がして、なんだかなぁと思いました。


骨折り和助/村上元三 
親が残した借金を返していく和助。

貸したほうも、早くしろと催促せずに待つというのがかっこいい
この人返してもらわなくていいと思っていたんだろうな。
良かったのにあまり心に残らない。
登場人物たちの関係性がいまいちわからなかったから・・・
スポンサーサイト
図書館戦争 | HOME | 20世紀少年 -第2章- 最後の希望
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/418-0036bf0f














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。