・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
犯人に告ぐ 2009/10/17

 

著者:雫井脩介

連続児童殺人事件―姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。
史上初の、劇場型捜査が始まる。


全てにおいてスッキリ終わってくれて良かったです

ただしこれをミステリーと思って読むのは間違いです。
2つの児童誘拐殺害事件はあくまで巻島を語るためのもの。
事件に重きを置いていません。

どちらの事件の犯人もやけにあっさり片付いてしまいます。
特に「ワシ」の事件に関してはあっさりしすぎでわかりにくかった程。

なので事件のほうを重要視しながら読むとガッカリすると思います。
私は巻島とその周辺に重きを置いて読んでいたので満足ですが。


個人的に一番盛り上がったのはvs植草です。
植草は上司なのに性格が歪んで捜査の邪魔をして最悪なやつ
巻島も随分大人気ないことしてますが、それでもよっしゃー
って思いました(笑


最後はなんだか急にチープな展開でそのまま終わってしまうのが
ちょっと残念な気もしますが、それでも爽快な気分で終わってくれました
スポンサーサイト
この島でいちばん高いところ | HOME | 露の玉垣
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/446-ed746131














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。