・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
パラドックス13 2009/11/02

 +

著者:東野圭吾


 運命の13秒。人々はどこへ消えたのか?
 13時13分、突如、想像を絶する過酷な世界が出現した。
 陥没する道路。炎を上げる車両。崩れ落ちるビルディング。
 破壊されていく東京に残されたのはわずか13人。なぜ彼らだけがここにいるのか。
 彼らを襲った“P-13 現象”とは何か。生き延びていくために、
 今、この世界の数学的矛盾(パラドックス)を読み解かなければならない!
 張りめぐらされた壮大なトリック。
 論理と倫理の狭間でくり広げられる、究極の人間ドラマ。
 “奇跡”のラストまで1秒も目が離せない、東野圭吾エンターテインメントの最高傑作!


近年の東野さんには不信感を覚えていた私ですが、これは良かったですよ~
まぁ相変わらず人間の内面に関しては薄っぺらく誰にも共感できないのですが、
設定にそそられたので、あまり気になりませんでした。

ちなみに私、↑の売り文句には全くそそられませんでした。
東野さんだからつい読んじゃうけど。
この売り文句から想像するような内容ではないかもしれません。
トリックってなんだよ人間ドラマって?って感じです。

とにかく終始、どう展開していくのか気になって楽しかったです。
終盤は夕飯を中断して読んでしまったほど(笑

やたらと地震が起こる理由なんかはぞっとするけどおもしろいな~


収束つかなくなって絶望的に終わるんじゃないだろうかと思って、
ドキドキしてたんですが、なかなかのラストでした。
余計だろと思っていた恋愛模様はこのためか・・・
蛇足に変わりないとは思うけど(笑
でもよくわからないことが・・・以下ネタバレ


P-13現象を乗り越えて、普通の世界に戻れたことになっているけど、
本当は一ヶ月以上経ってるんだよね
元々普通の世界にいた人は逆戻りしちゃってるってこと???
でも、この一ヵ月後にまたこの現象が起きるわけで・・・
それはどうなるんだろう??
この辺りが腑に落ちないというか、途中で終わってしまった感がありました



とても不満だったのが、女性陣への「イブになれ」発言。
私も読みながら、まさか子孫繁栄なんてことはないよなぁ・・・と考えたくらいなので、
同じように考えた人は多いと思うのでわからなくもないのですが、
それまで聡明で通してきた男の発言として、すごくおかしかったです。
あの時点で子作りはまず考えないだろうし。
私も体のいい言い訳をして性欲満たしたいだけのように思えました。
これと余計な恋愛がなければ満点にしたかもしれない。
スポンサーサイト
2009年10月に読んだ本 | HOME | 午前三時のルースター
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/456-ffc8b984














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。