・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ローワンと黄金の谷の謎 2009/11/01

 

著者:エミリー・ロッダ

 伝説の“黄金の谷”は、本当に存在したのか?
 リンの村を襲う敵の正体をあばくため、そして、二つの民の友情を守るため、
 ローワンは、地獄へと足を踏みいれる!「ローワン」シリーズ、待望の第2巻。


前作は良かったのですが、今回は普通・・・。
というのも、今回のローワンはあまり弱々しさを感じず、
坦々とこなしているように思えるからです。

前回の冒険を通してたくましくなったのはわかるのですが、
まだローワンは自分に自信がないと書かれているにも関わらず、
ウジウジすることなくスパッと決めているように見えたので、
あれ~?と思いました。


それでも後半はおもしろかったのですが、ちょっと期待はずれでした
スポンサーサイト
氷の華 | HOME | 2009年10月に読んだ本
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/457-d535f990














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。