・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
午前三時のルースター 2009/11/04

 

著者:垣根涼介

 旅行代理店に勤務する長瀬は、得意先の中西社長に孫の慎一郎の
 ベトナム行きに付き添ってほしいという依頼を受ける。
 慎一郎の本当の目的は、家族に内緒で、失踪した父親の消息を尋ねることだった。
 現地の娼婦・メイや運転手・ビエンと共に父親を探す一行を何者かが妨害する…
 最後に辿りついた切ない真実とは。サントリーミステリー大賞受賞作。



古本屋の50円コーナーから知っている作家さんの本を適当に買ったのはいいけど、改めてあらすじを読んでみるとあまりおもしろそうじゃない
あまり好きでないマフィアものを想像したので。

でも読んでみたらハマッてしまい、終盤辺りまで一気に読んでしまいました


・・・最後まで一気に読んでしまえばよかったのかなぁ

翌日に持ち越したら、読み始めからおもしろくなかったんです
集中しにくいというか。
昨日のハマリっぷりは何だったんだって、ホントそのくらい。


単にしょぼい内容だったのでしょうか・・・
せっかく、父親と対面したというのに

あのまま一気に読んでいたら感想は変わったのかなぁ。
なんだか残念です

でも再読したいとまでは思わないので、その程度の本だったんだと思うことにします(笑
スポンサーサイト
パラドックス13 | HOME | 3日で運がよくなるそうじ力
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/461-53527423














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。