・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
さよなら絶望先生 2009/12/20

  +

著者:久米田康治


18巻まで大人買いしました。古本だけどw
ちんたら読んでるうちに19巻が出たようです・・・。
文字が多いので時間かかるんですよね

これはかってに改蔵という好みが分かれそうな作品の著者なのですが、
改蔵と作風もろかぶりです
タイトルとキャラだけ違うみたいな・・・。
改蔵に出てくるうみちゃんのような猟奇的なキャラもいるし、
名前忘れたけど、メガネチビのような若ハゲキャラも出てくるし。

最初は違う作風なんですが、すぐに改蔵化してます
ちなみに改蔵のほうも、途中から作風が全然違うものになります

改蔵は好きだったので作風が改蔵化したのは別にいいんですが、
猟奇的なキャラが発生するのが残念・・・。
途中からやりすぎと思ったのか、途中から少し落ち着きますが(笑
他のキャラも最初に設定したものが生かせていないような感じ。


改蔵と同じような作品なので、これも好みが分かれそうです。
ある意味社会風刺的な作品です。
私は着目点が好きで、小ネタもすごいし(どんだけテレビ見たりマンガみたりネットしたりしてるんだろうって思う)
ネタへの導入の仕方もうまいなぁと思うので好きですが。

一話完結で一冊だけ読んでも続きが気になるような作風ではないし、
どの巻から読んでも大丈夫だと思うので、興味があれば読んで見て下さい
スポンサーサイト
イン・ハー・シューズ | HOME | 十二国記(アニメ)1~8話
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/471-5023a9d8














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。