・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
風の海 迷宮の岸 (十二国記) 2009/12/10

 

著者:小野不由美

 天啓にしたがい王を選び仕える神獣・麒麟。
 蓬莱国で人間として育った幼い麒麟・泰麒には王を選ぶ自信も本性を顕わす転変の術もなく、葛藤の日々を過ごしていた。
 やがて十二国の中央、蓬山をのぼる人々の中から戴国の王を選ばなくてはならない日が近づいてきたが―。壮大なる構想で描くファンタジー巨編。


一作目は蓬莱で生まれ育った王・陽子。
今作は蓬莱で生まれ育った麒麟・泰麒のお話。
麒麟について詳しく描かれているので興味深いしおもしろいのですが、
一作目に比べると心を揺さぶられることがあまりなく、
少し物足りなさを感じました

外伝に近い作品らしいので、しょうがないのかな。


蓬莱から来て麒麟だと言われ、王を選ぶという大きな使命を担うことになる泰麒。
10歳の泰麒には荷が重過ぎるし、おまけに天啓も転変もわからない。
自分は本当に麒麟なのだろうか?できそこないではないだろうか?
周囲の優しさと期待が重荷になり、その悩みをより深くする泰麒は
とてもかわいそうなのですが、でもやっぱり、想ってくれている人がたくさんいるという、陽子に比べたらとても恵まれた境遇にあるという点で、
あまり同情できなかったんですよねぇ(笑


最後のほうでも、良かったーと思いつつ、ちょっとギモンが。
麒麟って、そのときになれば天啓というものがすぐわかるらしいのに、
これはずっとはっきりしなくて、陽子とは全然違うのが少し不満です。
蓬莱出身と言えど・・・

今はこの続きも読んでいるのですが、同じ蓬莱出身の六太もすぐわかってるので、
尚更腑に落ちなくなってしまいました
個体差があるとはいえ、すぐわかることを強調しているように思えたので。


とはいえ、麒麟側のことを詳しく知れて楽しかったです
月の影~のおもしろさとははっきり言って比べ物にならないですけど(笑
そのためちょっと厳しめ評価です。

時系列では月の影~より早いんですよね。
いつか時系列順に読んでみたいかも。
スポンサーサイト
ハリー・ポッターと死の秘宝 | HOME | 東の海神 西の滄海 (十二国記)
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/477-0758a632














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。