・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ハードキャンディ 2009/12/20

 


 赤ずきんが仕掛けるオオカミへのゲーム。
 2人が交わす言葉の中からあなたは真実を見つけられるか?!
 2005年のサンダンス映画祭で上映されると同時に、その斬新なアイデアと過激な描写、巧妙で練に練られたストーリーが評判を呼び、全世界からオファーが殺到。
 本作が長編初挑戦となる、デヴィッド・スレイド監督と脚本ブライアン・ネルソンのコンビは、
 “密室の中の2人の男女"、という極めてシンプルなシュチュエーションを最大限に活用し、緻密な構成と丁寧な人物描写を積み上げることによって、
 善悪の判断を混乱させるような、不可解かつ魅力的な物語を完成させた。


チャットで出会い、実際に会うことになったジェフと14歳の少女ヘイリー。
男の家に行くが、実は騙されていたのは男のほうだった――という話。
登場人物はほぼこの2人のみです。

色んなことがよくわからないまま進みます。
男は本当にロリコンなのか、何をしたために少女にひどい目に遭わされているのか。
少女は誰のために復讐を実行したのか。
全部わからないまま。

進むにつれてその輪郭はぼんやりと見えてくるものの、
はっきりとはわかりません。


そしてはっきりとわからないまま、終わります・・・。


好きな人は好きそうですが、私は苦手です。
わからないまま進むのでもどかしく、2倍速で見ました


映像は斬新なんですが、ちょっと鼻につきました。
演技はなかなか見ものだと思うんですが、残酷な描写が嫌だった

そして少女が何者なのかがわからないというのが何よりも
ヘイリーは被害者の何だったのか、それとも何の関係もなく、
ただ男のした行為が許せなかったための復讐だったのかもわからないし。

14歳の女の子には無理だよ~と思う部分も多いです(精神的にもだけど、力とか)
ジェフについて調べ上げることも、14歳の女の子には無理ですよね。
なので協力者がいると思ったんですけど・・・。
せめて、実は14歳じゃなかったってことにでもしてほしかったです。

こういう矛盾があるということで、良い映画だとはとても思えません。
スポンサーサイト
妖しき瑠璃色の魔術 | HOME | 手作りの化粧水と美肌パック
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/486-cb3c1bb3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。