・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
火車 2010/01/07

 

著者:宮部みゆき


 休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。
 自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?
 謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。


※ストーリー展開に触れるので未読の方は読まないことをおすすめします。

ようやく再読しました。
読んだのは5~6年前かな?
うろ覚えですが、これが私の宮部初作品だったような気がします。

5~6年経つというのに話の流れは覚えていて、
最後の一行が残した余韻は未だに残ったままなのです。

だからすごく大事な作品で、読むのがもったいないという気持ちがありました。
小学生の頃から読書は好きなほうだったけど、本格的に読書好きになったのはこの本のおかげと言ってもいいくらいです

もう読む前から、表紙に描かれている女性を見て、
これがあの女なんだな・・・(さすがに名前は忘れた)ってしみじみしちゃったほど。


そして読んでみたけどやっぱり良すぎる
以前より断然楽しみながら読みました。

喬子(彰子になりすましていた女)視点は一切なく、
本間が調べ上げた断片から浮き彫りにされた第三者の憶測のみで語られます。
だから色んな解釈をするのにも夢中になりました(笑

宮部さんは、喬子を可哀想な女に描いています。
本当は心根は優しいんだけど、殺人を犯してまで幸せに手に入れたかった。
喬子には幸せになる権利があるのに、喬子に非のない理由で届くことのない幸せ。
その理不尽さを払拭したくて、本当は申し訳ないと思うのだけど、
どうしても人並みに幸せになりたくて、禁忌を犯すしかなかった・・・
喬子はお金や権力を手にしようとしたわけではなく、平凡な幸せを欲していただけだと思います。
おまけに非はないのに悲惨な人生を強いられてきて・・・
どうしたって喬子に肩入れしていまいます。

前回読んだときはこの解釈のまま読み終えたのですが、今回は少し違います。


第一の候補が別にいます。
そちらの家族を殺すのに失敗して、彰子に乗り換えました。
そして第一の候補の家族が死んだらまた接触して来た・・・
ものっすごい凶悪で残酷


本当に被害者に悪いと思っていたのなら、絶対2回目はないはずです。
それ以前に、殺害に失敗した時点で怖くてもう考えられなくなると思います。
卒業アルバムや学校の墓のことなどで見せた優しさも、
単に死んだ彰子の怒りを少しでも和らげようと、死人の報復を恐れていただけなのかな、とも思うようになりました。

そもそも、結婚するはずだった男を一瞬で捨てて逃げたわけですから。
「平凡な生活」が手に入れば、そこに愛は必要なかったのかな。


喬子の人生が明らかになるのと比例して、当然彰子の人生も浮き彫りにされます。
彰子だって幸せになりたくて、それがちょっと間違えて、
かえって自分の首を絞めることになってしまって。
そんな不幸の中、必死に人生を立て直そうとしたところに殺されてしまって・・・
しかも彰子の場合、気にかけてくれる優しい幼馴染がいました。
尚のこと喬子のしたことの卑劣さが明瞭になっています。


かといって、喬子の不幸な人生にはやはり同情せずにはいられず、
単なる凶悪犯と思っているわけではありませんし、
未だに「喬子実は心根が優しい」説も残ってはいるのです。


唯一残念なのは、最後のページをめくったとき、
気が急いて真っ先に最後の一行に目が行ってしまったことです(笑
なので余韻が半分になったような気はしますが、
これしかないという素晴らしく効果的な終わり方だと思います。
スポンサーサイト
怪盗ニック登場 | HOME | 無理
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/496-dbe8d0a3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。