・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
大人のための怪奇掌篇 2010/01/09

 +

著者:倉橋由美子


 死/毒/膿/変異/狂気/憑依/畸形/醜行/拷問/吸血/食人/生贄…まるで悪夢の連なりのような20篇。
 知的な恐怖と乾いた笑いが織りなす非現実の世界。
 人生の残酷さや馬鹿馬鹿しさをデフォルメし、見事な仕掛けと隙のない文章、
 堅牢なエスプリ、通奏低音としてのエロスで描いた倉橋怪奇小説。
 うれしくなるほどの怖さで20の夜の愉しみを約束してくれる、
 純文学の香り高い極上エンターテインメント。


こういった怪奇話は好きなのですが、これは微妙でした。

オチは好きなのに、それまでの話が退屈だったり、
全体的に好きだけど、一部分がグロテスクで嫌だったり。
全体的につまらない話も2,3ありました。


グロテスクなことをさらっと書いているので、
かえって生々しい想像をしてしまいます。
このせいで私はダメだったのですが、逆に言えばすごく上手ってことだと思います。
なので作品としては素晴らしいのではないかと思いますよ


ヴァンピールの会/革命/首の飛ぶ女/事故/獣の夢/幽霊屋敷/アポロンの首/発狂/オーグル国渡航記/鬼女の面/聖家族/生還/交換/瓶の中の恋人たち/月の都/カニバリスト夫妻/夕顔/無鬼論/カボチャ奇譚/イフリートの復讐
スポンサーサイト
無理 | HOME | おまけのこ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/497-a26c6053














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。