・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
十二国記(アニメ)9~13話 2010/01/16




やっと続きが観れました
9~13話は尚隆と出会って、杉本が日本に帰るまでです。

見所はなんといっても、尚隆と六太の出会いでしょう
六太が「国が欲しいか?」と聞くシーンは原作でのお気に入りなので、
回想が始まった瞬間にもう原作を思い出してなんか切なかったです(笑

あのシーンは3回くらい観てしまいました

でも、六太が尚隆に惹かれる部分が薄かったような。
どうしても惹かれてしまうというのを丁寧に描いて欲しかったかも。
なんか麒麟だから王に惹かれてしまうという感じではなく、
尚隆が人として魅力的だから決意したって感じでしたね。
原作でもそうでしたっけ・・・?
思い違いなら私が悪いんですが

だけどやっぱり好きなシーンですし、声で聞けたのは嬉しかったぁ
もっかい原作読み返したくなりました


慶の先王が景麒に惚れちゃったシーンには迫力を感じました。
もっとしとやかな女性をイメージしてたので
結構なおばさんだったのね・・・。


あ、あと9話で陽子が楽俊に抱きつくシーンで、
楽俊の頭のでかさにビックリしました(笑
もっとちんまりした感じでいいと思いません?
人間の楽俊も、髪型が小泉元総理みたいでショック(笑


最後は杉本ともいい関係になれて、帰っちゃうのが惜しく思ったりしました。
浅野はすっかり忘れ去られていますね(笑
たとえ製作側が忘れているのだとしても、それで構わないよと思っていましたが、
やっぱり名前は出てきちゃいました。
スポンサーサイト
プリンセス・トヨトミ | HOME | オペラ座の怪人
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/501-db0d1c05














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。