・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ダブル・ジョーカー 2010/01/31

 +

著者:柳広司


結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。
だが、同じカードは二枚も要らない。どちらかがスペアだ。
D機関の追い落としを謀る風機関に対して、結城中佐が放った驚愕の一手とは─。
表題作「ダブル・ジョーカー」ほか、“魔術師”のコードネームで伝説となったスパイ時代の結城を描く「柩」など、5編を収録。






ジョーカー・ゲームの続編。
ジョーカーゲームは読んでいなくても大丈夫そうですが、
最初からD機関や結城中佐についてわかっていたほうが、
読みやすいし楽しめると思うので、先に読んでおくことをおすすめします
結城中佐の過去の話もあるし。


最初はあまりおもしろくないのですが、
畳み掛けるようなラストスパートが最高にいい
D機関が仕掛けた作戦がざざーっと浮き彫りになって、
キャー!かっこいい!みたいな(笑

その代わり、終盤まであまりおもしろくないです
全部が全部ってワケじゃないですけどね。


スパイたちの使命感、意志の強さには感動までしました。
最終話は意外な展開で、正直読み返してもはっきり理解できなかった
他の方のレビューを読んで、やっぱりそういうことなんだ~・・・と確認しました(笑

ちなみに私が想像してたのは・・・
結城中佐は兄弟だと知ってわざと接触させたんだと思ってたんです。
なので、そういった方向にどんでん返しがあると思ってました。
他と違ってD機関の一員が主役なので、どんな結末かは想像できず・・・

そしたら、こんな唐突なラストに唖然
でもスパイものだから、こんなラストは「あり」ですけどね。
この後のD機関についても知りたいですが・・・



私はこっちのほうがおもしろいような気がしたのですが、
でもジョーカーゲームが既にうろ覚えなので、そこは微妙なところ。
前作の感想で自分でも書いていたけど、記憶に残りませんでしたね
最終輪のラストが良かったとか書いてるけど、それも・・・

あ、それと前作では,「おもしろいけど、あまりしっくり来ない」印象がありました。
今作ではそういうのはなく、しっかりした小説を読んでいる感じでしたよ
スポンサーサイト
鬼平犯科帳 1 | HOME | 2010年1月に読んだ本
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/504-5e8af31b














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。