・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
吟遊詩人ビードルの物語 2010/02/14

 

著者:J.K.ローリング


『吟遊詩人ビードルの物語』は、ハリー・ポッターシリーズ最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』で、ダンブルドア教授がハーマイオニーに遺贈した本として登場する、魔法界のお伽噺です。

5編の物語のほか、ダンブルドア教授の魔法史に関する所見や感想などを記したメモや、J.K.ローリングによる新たな紹介文などが加わっています。
物語もさることながら、著者による多数のイラストも見所で、
ハリー・ポッターファンはもちろん、シリーズを未読の方にも楽しんでいただけます。






ハーマイオニーが訳したという設定なんですね
ちょっとしたことだけど、こういう設定は心がうきうきします(笑

普通の童話が5編と、そのそれぞれにダンブルドアの解説つきなのですが、
これはちょっと微妙な気がします・・・

解説があまりダンブルドアらしい気がしなかったのと、
童話が普通に好きなので、余計な気がしました。


図書館で借りたものですが、買っていたらショックを受けたであろう内容
余白がめっちゃ多いです。字もでかい。

著者への版権料は全額寄付になるようなので、
本を読むついでに寄付がしたいとか、
それかよほどのハリポタフリークの方向けかと思います。


でも最後の兄弟の話は、本編でも結構大きく取り上げられた作品なので、
読めてちょっと嬉しかったです


◆魔法使いとポンポン飛ぶポット
◆豊かな幸運の泉
◆毛だらけ心臓の魔法戦士
◆バビティ兎ちゃんとぺちゃくちゃ切り株
◆三人兄弟の物語
スポンサーサイト
鬼平犯科帳 2 | HOME | きよしこ
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/510-be728381














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。