・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
鬼平犯科帳 2 2010/02/13

 

著者:池波正太郎

四季おりおりの江戸の風物を背景に、喜びや悲しみを秘めた
江戸の人間が生きている。
そこに生まれる事件のサスペンスが、こころよい人情と溶けあう独自の境地。
ご存じ鬼平シリーズの第二巻は、「蛇の眼」「谷中・いろは茶屋」「女掏摸お富」
「妖盗葵小僧」「密偵」「お雪の乳房」「埋蔵金千両」の七篇を収めている。






前作より面白かったです
1巻同様、犯罪者視点は多いですが、より鬼平の活躍が目立ち、
ちゃんと主人公という感じがしました


ちゃんと人を見極めて犯罪者を見逃すなど、人情味溢れるお話ばかり。
1巻でも同じですが、現代小説ではあまりない展開になるのが楽しい

たとえば、現代の刑事小説では、どんな理由があろうと
犯罪者を見逃すわけにはいかないもんね。
鬼平はそれをあっさりやってのけるのです(笑


シビアなところはシビアで、「この人たちは助かるだろう」なんて思っていたら、
鬼平らの助けは入らず、犯罪者の手にかかってしまったりする。
ヒーロー的なようで、ヒーローじゃないのが好き
そういうときの鬼平は、気の良いわりにうじうじすることなく、
失敗を糧に捜査に力を入れます。

現代小説なら、「それでも人間か」と突っ込んでしまいそうなくらい、
気持ちを切り替えがあっさりしているような気もしますが、
この作品だと、鬼平の優しさを引き立てるから不思議です。

もちろん優しいだけではなく、厳しさの中にも情があったりと、
時代物のよさがたっぷり味わえました。
スポンサーサイト
続・氷点 | HOME | 吟遊詩人ビードルの物語
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/511-d93b43e5














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。