・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
きつねのはなし 2010/02/25



著者:森見登美彦


京の骨董店を舞台に現代の「百物語」の幕が開く。
細長く薄気味悪い座敷に棲む狐面の男。
闇と夜の狭間のような仄暗い空間で囁かれた奇妙な取引。
私が差し出したものは、そして失ったものは、あれは何だったのか。
さらに次々起こる怪異の結末は―。
端整な筆致で紡がれ、妖しくも美しい幻燈に彩られた奇譚集。






森見さんは過去に2作品読んでいて、どちらも合いませんでした。
これは↑のあらすじを読んで絶対好きなタイプの話だと思ったのですが、
これもダメでした。退屈でしょうがない・・・

すごく不思議なんですが、思ったとおり好きなジャンルなんです。
なのに、なんでおもしろくないのかわかりません


登場人物たちの感情が描かれていなかったり、
ラストが曖昧な作品が嫌いな人は多いと思うし私も結構そうなんですが、
私はこういう不思議・奇怪な物語においては嫌いではありません。
むしろ作品に余韻を残す効果的な手法だと思うこともあります。


なのでもう、ホントにこの作家の作品と相性が悪いんだな、
と思いました
スポンサーサイト
午前零時のサンドリヨン | HOME | 2010年2月に読んだ本
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/520-4c23f487














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。