・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
風と共に去りぬ 2010/03/28

 ★★+


言わずと知れた名作映画。
小説を読むか迷っていましたが、私の好みには合いそうになく、
最後まで読めないと思ったので、映画にしました。


あまり好きではない話でした。
スカーレットやバトラーの性格が掴めない。
スカーレットはイトコの夫を奪おうとしたり、妹から恋人を奪ったり、
自分が良ければいいというワガママな性格に見えるけど、
親を敬い、約束は守り、損得を顧みず友(というかイトコ)を助けることもする。
タラを愛し、友人たちの世話もしつつ復興に尽力する。
だから、スカーレットは憎めない性格ではあるんですが。

あと、お金のために結婚すると相手に言っちゃったり(笑
正直すぎてなんか可愛く思えてきちゃいます。
これは女優がハマり役ってのが大きいでしょうね

眉を吊り上げる表情とか、高慢で自信家で、
でも可愛いスカーレットにすごくハマッていると思います。


けど、ずっとアシュレーを思い続けていると思いきや、
アシュレーが本気でメラニーを愛していると知ると、
自分も好きではなかったと翻したり・・・。
それまで、ワガママだけど芯は強くて真っ直ぐだと思っていただけに、
ちょっと残念でした。

ラストも、前向きではあるけど色んなことが唐突で

このラストで、スカーレットより掴めないと思ったのがバトラーです。
最初からよくわからない人だったけど、ラストで本当にわからなくなりました。
あの人なんなんだろう。
理解できません。


あまり好きではないけど、この映画は1939年に既に公開されています。
この時代でこれだけの技術があったのにびっくりしました。
古い映画だというのは知っていたので、もっとしょぼい物を想像していたのに
スポンサーサイト
リビング | HOME | 悼む人
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/541-de51696c














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。