・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
いっちばん 2010/05/14

 ★★★★

著者:畠中恵


摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、
訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。
お馴染みの妖がオールキャストで活躍する「いっちばん」、
厚化粧のお雛ちゃんの素顔が明らかになる「ひなのちよがみ」の他三編を収録。
大人気「しゃばけ」シリーズ第七弾。



どれも良かったですが、やっぱり新しいキャラというか、
もう出てこないだろうなと思う妖怪たちの話より、
脇役である栄吉やお雛ちゃんの話が好きです

特に栄吉の話にはすごく感動しました
どんなに努力しても上達しない、それでもやめられない、
一生続けたいと情熱を注げることって、今の私にはありません。

仕事にできなくても、趣味でもいいから菓子作りはやめられないと
断言した栄吉がカッコ良かった

それに、身分が違う一太郎を羨んで僻んだりすることがないだけでなく、
むしろ尊敬の気持ちを持っているというのも、
なかなかすごいことですよね。

お互いを思いやる2人の友情もすごおく羨ましい


いっちばん/いっぷく/天狗の使い魔/餡子は甘いか/ひなのちよがみ
スポンサーサイト
はてしない物語 | HOME | 決断
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/564-20d7c4bc














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。