・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
非道、行ずべからず 2010/07/01

 ★★

著者:松井今朝子


文化六年元旦、江戸最大の劇場、中村座が火事に襲われた。
焼け跡から出た屍体は、芸道に生きる男たちを修羅地獄に陥れた…。
長編時代ミステリー。



タイトルや装丁から、時代もの特有のおどろおどろしい雰囲気を
想像していたのですが、結構普通でした。。

やけに長いし、襲名騒動などあんまり興味を持てず、
正直読むのがキツかったです。

解決辺の辺りから結構おもしろくなってきましたが。
おもしろい部分が短い


今、このシリーズの2作目を読んでいるところですが、
こちらはなかなかおもしろいです。
一緒に借りてきたので仕方なくといった感じで読み始めました。
これのみ借りていたら、続編は読まなかっただろうな~。
スポンサーサイト
ジウ Ⅲ | HOME | 2010年6月の読了本
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/586-09deeb8d














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。