・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ジウ Ⅲ 2010/06/22

 

著者:誉田哲也


新宿東口で街頭演説中の総理大臣を標的としたテロが発生。
大混乱の中、伊崎基子らSAT隊員が総理の身柄を確保し、警察上層部は安堵する。
だがそれは、さらなる悪夢の始まりに過ぎなかった。
“新世界秩序”を唱えるミヤジと象徴の如く佇むジウ。
彼らの狙いは何なのか?そして美咲と基子は―!?シリーズ完結篇。



規模が大きくなりすぎて逆につまらなかった。

伊崎も極悪犯に違いない。
それなのに理由があった、自分を騙していた、というわけのわからない
方向へ持って行き、無理やり更正させるのはどうなんでしょ
だって、普通人殺せますか?平気で?
「あなたは愛を持ってる」と言われただけで改心するような人が?
伊崎はどう考えたって尋常じゃないですよ。
普通に殺戮犯だと思いました。

そんでもって改心のきっかけともなった雨宮の声。
伊崎が霊能力者だなんて知りませんでしたよ~
死者の声が聞こえるって能力があるなら、もっと早くに教えてくれないと。


そんで一番嫌いな美咲。
今回も最悪でした。なんだこの女!笑
重要な証拠品を捜索中にプロポーズされたと勝手に勘違いしただけなのに、
それでプンプン怒ってる(心の中で)
こんなやつ、少女漫画の世界にもいないよ。しかも27歳(笑
ギャグマンガにはいるかもしれないけど。

ここまでは、3作一貫して嫌いだったのでいいとしても。
ジウへの解釈はさすがにどうかと思います。
平気で人を殺すような人間が息子で喜ぶ親がいますかね。
もし、本当に親へのメッセージだとしたら、悪意としか思えません。

そして、ジウに小指を切られた被害者の子供に対し、
ジウはかわいそうなんだよ、などと言うとは・・・
刑事として以前に、人間として最低です。
あんな凶悪な事件を引き起こしたやつを肯定するのと同じじゃん。
子供は、かわいそうなら全く関係ない他人を傷つけても殺してもいいんだー
と思うかもしれませんね~。


感動させようって魂胆が見え見えなのも萎えた。
スポンサーサイト
ボトルネック | HOME | 非道、行ずべからず
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/587-7145cf16














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。