・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
檸檬のころ 2010/08/16

 ★★★+

著者:豊島ミホ


保健室登校の女友達とのぎこちない友情。
同級生と馴染めない、音楽ライター志望の偏屈な女子に突然訪れた恋。
大好きな彼とさよならすることになっても、どうしても行きたかった、東京―。
山と田んぼに囲まれた田舎の高校を舞台に、「あの頃」のかっこ悪くて、情けなくて、
でもかけがえのない瞬間を切ないまでに瑞々しく綴る、傑作青春小説。



同じ高校を舞台にした連作短編集。
最初の、保健室登校の友達の話がなんの面白みもなく、
ハズレだと思ってしまったけど、その後の話がすごい好き

主に恋のお話。青春恋物語。
恋愛小説は無理・・・だけど「恋」ならまぁOKな私。

ヤベーです。胸キュンしまくりました

友達と好きな女の子の間で揺れる男心。
音楽にしか興味のない女子の挫折と、音楽の趣味が合う男子に
初めて恋をしたときに広がった世界観。
一見恋愛ごっこをしたいだけのように思えた生意気な下宿生の、ピュアな乙女心。
大好きな彼と離れたくないのに、東京に行くことだけは
絶対に変えることのできない真っ直ぐさ。

地味に思える青春も、主人公にしてしまえばキラキラして見える。
豊島さんって、こういうの書くのホント上手ですね。
地味な人の味方というか。
どんな人でも主役になれる輝きを秘めているのではないかと
思わせてくれる作品でした。
スポンサーサイト
氷菓 | HOME | 愚者のエンドロール
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/613-90ffaa1e














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。