・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
そして二人だけになった 2008/02/04

 


実は長編のS&Mシリーズ以外の森作品は初めてです
かなり久々の森作品でもあります
でもキャラクターは違っても、森博嗣らしさは出てますねーかなり
天才・変人・金持ち・変わった苗字。憧れでも抱いてるのかな

結構長いけど、おもしろかったのでわりと早く読み終えました
登場人物はどの人も好きじゃなかったけど、主人公の二人が
どちらも他人を演じているっていうのがおもしろかったし、
二人だけ残る、そのどちらも犯人ではない・・・というのがすごく気になった

森作品を何冊か読んだことのある人ならわかると思うけど、
結構ありえない設定を作ってしまう人です。
真面目に書いてるから気にならない人もいるかもしれないけど、
よく考えるとアホらしいくらいの。トリックがね。

S&Mシリーズは3年くらい前にハマッてて、途中まで読んだけど
トリックに魅力を感じたことは一度もないです。
気づかないわけないじゃんとか、そんなのが多い
動機もあまり納得できたことはない。
単に萌絵と犀川のコンビが気に入って読んでました。
当時はお金がなくて古本屋で買ってたけど、今もこれから残りのシリーズを買うとしたら
古本屋で買うと思います(笑

(余談なので薄字w)


で、これもありえないトリックだった
いくらなんでも無理があるよぉ・・・・・とは思ったものの、一応はすっきり
と思ったら覆って・・・
私の嫌いなタイプのオチになってしまいました
しかもこのオチ、読んでる途中に(ていうか最初に)一度考えたものでした

さすがにユカのほうも人格のひとつだってことは考えなかったけど
私は基本的に精神障害者が犯人のミステリーというのが嫌いです。
例えば殺人犯が実は精神障害者で、
自分のしたことに気づいてないとかなら別にいいんだけど、
探偵役とか主人公がそうだったら、何とでもできるじゃん


でも最後動機がわかればいいや~と思ってました。
途中まではちゃんと説明がある納得できるものではないけど、
いつものように天才だから・変人だからと納得するしかない
最後の最後「言いたくない」そんでわからないまま終わり
気になってしょーがないよ

途中まではおもしろかったんだけどな・・・
スポンサーサイト
ショッピングの女王 | HOME | はじめてのselfまとめ髪バイブル
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/64-7805079e














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。