・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
トーキョー・プリズン 2010/10/18

 ★★★

著者:柳広司

戦時中に消息を絶った知人の情報を得るため巣鴨プリズンを訪れた
私立探偵のフェアフィールドは、調査の交換条件として、
囚人・貴島悟の記憶を取り戻す任務を命じられる。
捕虜虐殺の容疑で拘留されている貴島は、恐ろしいほど頭脳明晰な男だが、
戦争中の記憶は完全に消失していた。
フェアフィールドは貴島の相棒役を務めながら、
プリズン内で発生した不可解な服毒死事件の謎を追ってゆく。
戦争の暗部を抉る傑作長編ミステリー。



個人的に、人気のジョーカーより完成度が高いんじゃないかと思いました
でも、ジョーカーは粗くても盛り上がりがあってエンターテイメントとしては上。
こちらは長編なので、やや淡々としすぎています。

ですが、キジマとフェアフィールドの間に国籍・任務を超えた友情を感じ、
なんだか男らしくていいなぁ!と思いました

キョウコの心が蘇った瞬間が個人的には一番好きかもですがw


と、まぁ好きな点はいろいろありますが、やはり淡々としすぎていたので、
なかなか読む気にならなかったことが結構あって、
読む時間があってもこれではなくマンガを手にとってしまうことが多々ありました。

最後もなんとなくすっきりしないかなぁ。
結局推測のまま終わってるし、穴はそんなに掘らせなくて良かったんじゃ・・・って(笑
穴掘って逃げるってのは計画が壮大すぎる!


ただ、戦争により壊されたもの・・・失くしたのは町や人ばかりじゃなく・・・
というところは胸にずんっと来ました。
スポンサーサイト
世界の終わり、あるいは始まり | HOME | 我輩は猫である
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/645-86ff35a3














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。