・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
少女 2010/12/02

 ★★+

著者:連城三紀彦


「わたしと寝ない?」少女が突然、声をかけてきた。
噂に聞く援助交際だ。金はなかったが、やりようがある。
行為を果たした後、隙をつき少女から二万円を盗み取り、逃走した。
が、その札番号が郵便局強盗の奪った番号と一致、警察に連行される。
やがて、強盗の容疑は晴れるが、納得のいかぬ男は、少女を探し―!?
「少女」ほか逆転の妙に充ちたサスペンス4編を収録。



やっぱりこの作家さんの文章は好きなほうです。
今作はすごくいいとは思わなかったんですが。

ストーリーのつまらなさが目立っていたかもしれません。
官能的なんですが、連城さんにはもっときれいに描いてほしかったなぁと。
サスペンスとしても中途半端でした。


それから、少女というタイトルをつけているのに、
少女が出てくるのは1編だけ。
収録作品からつけているとはいえ、ちょっとどうかなぁと思いました。
スポンサーサイト
蒲公英草紙 | HOME | 愛しの座敷わらし
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/668-4e8680b8














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。