・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
夜回り先生 2010/12/11

 ★★★+


不登校、ひきこもり、リストカット、薬物乱用…。
12年間夜の街を回り、5000人の生徒と向き合った「夜回り先生」が、
激動の半生を振り返る。

なぜ夜の街の子どもたちが、水谷先生にだけは「心をひらく」のか?



なんでか泣けそうになります。
どんな相手でも受け入れて守ろうとする先生に感動するのかなぁ。
もっと若い頃に出会いたかったなぁなんて思いました

正直個々の話はおもしろくはないのですが(笑


どういった経緯で「夜回り先生」ができていったのか、
過程も興味深いです。
少しスレてた時期もあったみたいだけど、
先生自身、過ちを受け入れることがすんなりできる性質のようです。
さすがに省いて書いているのだろうけれど。

他にも出ているようなので、また読みたいです。
スポンサーサイト
2010年11月読了本 | HOME | 旧怪談
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/672-7e823341














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。