・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
GOSICK 2 2011/01/15

 ★★+

著者:桜庭一樹


「“灰色狼の末裔”に告ぐ。近く夏至祭。我らは子孫を歓迎する」
不思議なその広告を見たヴィクトリカは夜、学園を抜けだし山間の小さな村にやってきた。
時が止まったようなこの地で、またも起こった惨劇。
それは、かつて彼女の母・コルデリアが巻き込まれた事件と
呼応するかのように続いてゆく。
そして、最後にヴィクトリカが見抜いた真実とは…!?
直木賞作家がおくるダーク・ミステリ待望の第2巻登場。



今回も雰囲気を楽しむ感じかな?
事件そのものは興味をそそられません。
主人公が、現代的な日本人の男の子って感じなので、
そこら辺でちょっと雰囲気を壊しているような気もするのですが・・・。

でも主人公は好きですけどね。


私、ヴィクトリカがあんまり好きじゃないんですよ。
典型的なツンデレ美少女で狙っている感じがすごくするので。
ラノベなのでしょうがないかもですが。

でもヴィクトリカの本心が垣間見れてちょっと嬉しかったりするのは、
主人公がヴィクトリカを好きだからなのです。

この主人公でなければ、ヴィクトリカ多分嫌いだと思います。
そもそも、私は鋭すぎる探偵が大嫌いなので。


ツンデレキャラもすぐ飽きそうなので、
シリーズ読破できるか微妙かもしれません。
スポンサーサイト
オズの虹の国 | HOME | ゴーストハント 1
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/684-4f4b6973














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。