・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ひまわりの祝祭 2008/02/10

 

最初のページからおもしろい

テロリストのパラソルに続きこの作家さんは2作目ですが、
ちょっと似すぎた部分が感じられました

だけどこっちのほうがおもしろくて好きです
あっちはご都合主義が強く出ててイマイチだったので・・・

でも、ハードボイルド小説で主人公の感情が全くといっていいほど描かれていないので、
ヤクザのはずの曽我が全然恐い人に見えなかったり、
緊迫感があまり伝わってこなかったのが残念

あとセリフが、誰が喋ってるのかちょっとわかりにくかった

それから、ラストわもえっ終りって感じで
余韻の残る終わり方ではありませんでした
ちょっと残念

と言いつつ、寝る時間を削って読んだくらい楽しめました
妻のお腹にいたのは誰の子だったのかとか、
どうして自殺したのかとかも気になってやめられなかったし
ただ、もう一度読みたいとか、そういう本ではないんですよね
スポンサーサイト
エヌ氏の遊園地 | HOME | 異邦の騎士
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/69-4ac4fc74














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。