・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
遊動亭円木  2011/02/21

 ★+

著者:辻原登


真打ちを目前に盲となった噺家の円木、金魚池にはまって死んだ、はずが…。
あたりまえの夜昼をひょいとめくると、摩訶不思議な世界が立ち上がる。
粋人のパトロン、昔の女と今の女、わけありの脇役たちも加わって、
うつつと幻、おかしみと残酷さとが交差する、
軽妙で、冷やりと怖い人情噺が十篇。谷崎潤一郎賞受賞の傑作短篇集。
スポンサーサイト
アンティークショップ・エトセトラ | HOME | 2011年2月の読了本
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/694-8320fbb1














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。