・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
異邦の騎士 2008/02/13

  

買ったのだいぶ前なのに、何となく読む気にならず放置してました
1年以上ほったらかしでした

文章が下手と思ったら処女作みたい(デビュー前に書いたもの)
改訂した完全版(画像右)が出てるみたい・・・
どうせならそっち買えば良かった~
私が読んだのは改訂前です。

でもこれ、デビュー前に書いたとはいえ出版する際は直すもんでしょ
文章が下手な上に次の展開への移り方も下手です不自然だし。
主人公の思考形態もおかしいし・・・
大げさすぎてうざすぎます

御手洗潔シリーズは、好きではないけど機会があって何冊か読んだけど、
こんなに変人だったっけと思うくらい変でした(笑
久々なので、あんまよく覚えてはいないんですけどね


最後、謎が解き明かされたとき・・・



ありえね~



と思うのは私だけ
記憶喪失について私はよくわからないけど、その辺もおかしいと思ったし、
それを利用した犯人すっごいバカだと思うんですけど・・・
頭いいって設定なんだけど、この計画を立てること自体アホウとしか・・・
途中でバレたらやめればいいとか言ってたけど、ある程度まで
進んだときにバレたらどうしようもないじゃん

序盤での、主人公に未来が見えた理由もちょっとこじつけのように感じたし。

でも、御手洗シリーズで重要な役割を担っている人がもう一人いるんだけど、
その人との出会いが描かれていたので、ちょっと驚きました
それ以外いいとこ思いつきません。
全体的に大げさで、小説とはいえ作り物めいた感じが強くておもしろくなかったです。
スポンサーサイト
ひまわりの祝祭 | HOME | おせっかいな神々
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/71-e13f1bb8














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。