・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
陰の季節 2008/02/25

 


全く新しい警察小説の誕生!って書いてあるけど、
ホントにそう思います
前に読んだ動機の中にもあったと思うけど、
犯罪捜査をする刑事の視点じゃないんですよね


警察小説は個人的にあまり好きじゃないので、あまり読む気に
ならない分野なのですが、読み始めたらグイグイと引き込まれます
でも、この人の言い回しはわかりにくくて苦手です
警察の隠語もわからないし・・・


陰の季節
天下り先ポストを退こうとしない大物OBの真意を探る――って話。
警務部の二渡という男が主人公。管理部なのかな・・・。
よくわかんないけど
ちなみにこの二渡、他の話にも出てくるんですが、
この話ではちょっと情けない感じの人に思えました
でも、他の話を読むとどうやらやり手というかキレ者というか、
そんな感じなのでちょっとびっくりしました

最初はそのOBが嫌なやつだな~ってだけ思ってたけど、
刑事として、父親としてよくできた人だった(なんか偉そうw

読後感いいです


地の声
4作の中で1番ミステリーぽいかも
こいつ怪しい~と思ってた人がやっぱり犯人だと思ったら、違うし
でも、ミステリーとして読んでたわけじゃないしね言い訳


黒い線
顔-FACE-の主人公が出てきます
ちなみにドラマは見てたんですけど、原作のほうはまだ読んでません
婦警って肩身が狭いのかな
二渡が瑞穂にとっていい人事を行ってくれることを祈ります



これは読後感悪かったなぁ
確かに意外な結末ではあったけども
全体を通して、4作の中で1番つまらなかったです
スポンサーサイト
返事はいらない | HOME | いちばん初めにあった海
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/75-e5bc5b02














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。