・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
沙羅は和子の名を呼ぶ 2008/04/24

 

10編あるので、今回は個々の感想はなしにします
未読の人はこのほうが参考になるのかもしれないけどね

黒いベールの貴婦人
エンジェル・ムーン
フリージング・サマー
天使の都
海を見に行く日
橘の宿
花盗人
商店街の夜
オレンジの半分
沙羅は和子の名を呼ぶ

「命」が関わっているお話が多かったです
「死」といったほうが近いかな

ほんわかした文章の中に切なさがあって、
だけど読後は心がほんわかするような感じ
文章に優しさを感じる作家さんは時々いるけど、
この人みたいな優しさは意外といないんじゃないかなぁ
うまく説明はできません(笑

ミステリーに分類されるようだけど、絶対違う
ファンタジー要素が強いです。
一見ミステリーらしい「黒いベールの貴婦人」「オレンジの半分」は
ミステリーとしたら全然甘いし(特に死人が出ている黒い~は無理がある)
「花盗人」は結局ギャグみたいな感じだし。
(かといって、それがつまらないというわけではなく)

と文句を垂れつつ、「オレンジの半分」では双子モノによくある
入れ替えトリックじゃないのが良かった
殺人はないけどね。


良かったのとつまらなかったのに分けると半々くらいかな
すっごく良かったというのはナシ
まぁまぁな作品が多く、また読もうと思える作品は1編もなかったです

加納さんの作品、特に好きってわけでもないのに、
古本屋さんで100円で色々売ってたので、まとめ買いしてしまった
なので、またちょくちょく登場するはずです
ちなみに旦那さんである貫井徳郎さんの作品も、
同じくまとめ買いしました
スポンサーサイト
淋しい狩人 | HOME | キマイラの新しい城
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/97-388e8918














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。