・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
キマイラの新しい城 2008/04/27

 

750年前に殺された男が亡霊となって現代に生きる人間にとりつき、
自分を殺した人間を見つけ出して欲しいと依頼する――

という、なんともふざけた設定

長いけど、文章が上手でおもしろいので、あまり読む時間がなかった割りに
早く読み終わりました
得に稲妻卿の語り口がおもしろい

ミステリーとしては正直おもしろくないです
間違った推理はくだらなすぎるし、真相も、
ちょっと矛盾してないかって感じだし・・・。

下手に殺人事件なんか起こさずに、現代と750年前のギャップに
戸惑うエドガーを全面的に出して、どうにか成仏させる・・・
という感じにして欲しかった
ま、これじゃ本当にふざけた作品になってしまうかもしれないけど、
この作家なら書けるんじゃない

全体的に無駄が多かったです
無駄といってもおもしろいものと、このくだりいらなくない
というものと2つあって
六本木ヒルズのあれば必要なのか

あと個人的に、カゲキにはなんか秘密があるんじゃないかと
睨んでたんですが、なんもなかったのでそれもちょっと・・・
バカみたいにお人好しってだけかーい
お人よしが災いして、最後警察に取調べされるしね
スポンサーサイト
沙羅は和子の名を呼ぶ | HOME | 眠りの森
Secret
トラックバック
TrackBackURL
→http://budgerigarto.blog109.fc2.com/tb.php/98-18db1eb7














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。