・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
ライン 2009/06/10

 +

著者:乃南アサ


再読。

パソコンを使っての犯罪なので、古臭くなりそうですが
あまりそう感じません。
私がチャットをやったことがないせいかもしれませんが・・・。
今とどう違うのか、わからないので
「パソコン通信」という言い方だけ違和感がありましたが。


数年前に読んだときには犯人にびっくりした覚えがあるんですが、
今思うとそうでもないです。
読んでいる途中で全部思い出してしまったというのもありますが、
それだけでなく、わかりやすいというか・・・
別に騙すつもりで書いてたわけじゃないな、って思うくらいで。
多分本当にどんでん返しとかではないんだと思います


色々とこれはないだろう・・・
と思う部分も多々ありますが、そんなに気にならなかったです。

素人のハッキングについては適当すぎる説明でしたが・・・


数年前は再読したいから取っておきましたが、3回目は多分ないです。
でもおもしろいですよ
好きだけど嫌い 2009/05/29

 

著者:乃南アサ


乃南さんのエッセイにはあまり興味がありませんでしたが、
パラパラ立ち読みしたらなかなか良さそうだったので。


社会風刺的な話は共感できる部分が結構ありました。
電車で化粧する女子高生や、いらっしゃいませを言わない店員とか
ダメな店員がいる店は雇い主からしてダメなのね。
私も基本ができてない店員にはイラッとくるタイプなので、
読んでて一緒に怒ってました(笑


やっぱり作家さんなだけあって観察眼がするどいな、と。
もちろん分析力も。


前に、食べ物に釣られて仕事を請けたという話を読んでいたので、
(確かドキュメンタリー小説だったと思う)
作品のイメージとは違うタイプの人なのかな?
とは思っていましたが、やはり全然違うようです

かなり天然な方みたい。


そして熱しやすく冷めやすいという部分は、
まるで自分のことが書いてあるかのようでしたよ~笑

私もハマるとすぐに本を買って、その趣味に使うものを集めまくって、
そして飽きてもったいない・・・
ってなるのです


でも乃南さんは私と違って飽きないよう工夫されているので、
私とは違いますけどね・・・。


乃南ファンでなくても楽しめると思います
凍える牙 2009/02/14

 


を読んだら読みたくなったので、再読。
やっぱおもしろーい

数年前に読んだとき、ウルフドッグを検索しましたが、
今回もまた検索しました(笑
これ読んで飼いたくなる人多いんじゃないかな
この作品では人殺しだけど、それでも魅力的に感じてしまいます。
崇高で本当に気高いもののような。
でも、検索してみた結果とはちょっと印象が違うかな


疾風(オオカミ犬)を貴子が追跡するシーンでは、
自分が貴子になったかのように、
疾風と分かり合いたいと思いました。


肝心の事件の背景は、ちょっと薄いかな・・・
疾風を使った犯人とは別の犯人のほうの動機が、
あまり納得がいきませんでした

けど、私にとっての「肝心」は疾風だったので、
別にいいです(笑

滝沢との反発しあっているようで信頼しあっている関係も
読み応えありです


最後は泣きそうになりました
本当にこんなに賢いのかな













BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。