・RSS ・LOG IN

スポンサーサイト --/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
アンティークショップ・エトセトラ 2011/02/21

 ★★★★★

著者:久保美智子


空中を浮遊する玉虫色の櫛、死んだ夫から届いたモーニングジュエリー、
時計だらけの屋敷、夥しい数のアンティークチェアが放置された廃マンション、
色とりどりの石が並ぶ鉱物標本、貴婦人のバッグ、
柘榴模様のソーイングセット、黒い足踏みミシン、幽霊掛け軸…etc.
多くの人の手を渡り歩いた品は、それぞれの物語を持っている。
アンティークにまつわる22のショートストーリー。




久々にどツボにはまる作品キターーーーーーーーーーーーーーーーーー



アンティークで幻想的でどことなく耽美的!
文章が素敵過ぎます。

文章に酔います。

一節一節を丁寧に読みたい本。


意味がわからない話もありましたが、素敵なのでおっけい(笑
小暮写眞館  2011/02/21

 ★★+

著者:宮部みゆき


もう会えないなんて言うなよ。あなたは思い出す。
どれだけ小説を求めていたか。ようこそ、小暮写眞館へ。
3年ぶり現代エンターテインメント。



心霊写真を巡る連作ミステリです。
でも大きな要素は友情と、恋と家族とって感じですかね。

宮部さんの超常現象的な話は好きですが、
これは生きている人の強い思いが写真に表れたという話なので、
好きになれませんでした。


登場人物たちも魅力的ではあるんですが、みんなデキ過ぎてて
飽きてしまいました。
これだけ長い話は、やはり刺激がないと・・・。
いつまでも仲良しこよしなだけという話は、
わざわざ小説で読みたいものではないのかも。


プラチナデータ 2011/02/21

 ★★★

著者:東野圭吾


犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、
科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。
警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操る
DNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。
犯人はこの世に存在しないのか?
時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。
現場に残された毛髪から解析された結果は…
「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。
犯人は、神楽自身であることを示していた─。
確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。
数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。



理系の東野さんならではの作品だと思います!
それに、文体というか文章の雰囲気が、初期の頃に戻りつつあるような・・・?
薄っぺらで上辺だけで表現しているような気持ち悪さが抜けた気がします。


登場人物もストーリーも、定番を貫いたような、
見え見えの展開が最後まで続きます

悪くはないけど、本当に可もなく不可もなく。













BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。